• このエントリーをはてなブックマークに追加

【南アルプス】北岳 初冬期登山(積雪うっすら)【山小屋1泊2日】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆から少し前の話になりますが、11月初旬に南アルプス最高峰(日本で2番目に高い山)、北岳に登ってきました。

今シーズンの雪山登山デビュー戦です!といいつつ、結局これが今シーズン最初で最後の雪山登山になろうとしています。悔しい。

まずことわっておきたいことが、雪山登山といいつつこの時期の北岳はまだプチ雪山に過ぎませんでした。雪は積もっているところは積もっているものの、やはりまだ岩肌が露出している区間が多く、本格的な雪山登山にはすこし物足りない状況でした。

詳しくレポートしていきます。

甲府駅から広河原までバス

北岳の主要な登山口は広河原です。

冬季を除きますが、広河原までは甲府駅からバスが出ていますので、それに乗車。

朝7:00のバスに乗るため、甲府市内に前泊しました。

甲府から広河原まではバスで約2時間の道のりです。

最初は市街地を抜けていきますが、途中からみるみるうちに山奥へと入っていきます。

こんなところに文明が行き届いているのか!?(失礼)と思ってしまうほど、延々とバスで進んだ先に広河原はあります。

広河原にはインフォメーションセンターがあるので、そこで入山準備をしたり登山届を提出したりします。たしか多少の食料やガス缶なども売っていた記憶があります。

いざ入山!北岳へ。

広河原から、まずは大きな吊り橋を渡ります。ここからいきなり北岳バットレスが目の前に見える。ものすごい迫力。

それにこの日は時期も相まって、稜線は冬、登山口周辺は秋と、2つの季節が共存していた光景がとても印象的です。

紅葉の樹林帯を進みます。この日は天気も良くて最高。色鮮やかな木の葉が青空に映えますね。

登り始めてまもなく、白根御池方面と大樺沢二俣方面への分岐点があります。

今回は大樺沢二俣方面を選択。

そして秋は終わります。

あたりはすっかり晩秋から初冬の空気に包まれる。。

今回の北岳登山で最大の核心部は、ここかもしれない。この一箇所に留まらないんですが、ときどきこのような木道(というか橋)があります。

ここが見事につるっつるなんですよ。水際なので表面をまんべんなく氷がおおっている。

しかもここを踏み外すと沢に足を突っ込んだり、着地をミスれば怪我もありえる。

ほんの数メートルの橋を、数十秒かけてじっくりと進みます。

しばらくすると樹林帯を抜けて、視界が晴れ渡ります。北岳に向かってまっすぐ登りつめていきます。

ここが大樺沢二俣。ここで10分休憩。

二俣というくらいなので、ここで登山道が2つに分岐しますが、今回は左俣コースを選びます。八本歯のコルを経由するルート。上の写真の左上に見えている鞍部がそれですね。

見る限り、途中から傾斜がぐんと上がって険しい道のりになるであろうことを察せられます。

登りつめていくと、登山道にも雪がでてきます。

このあたりはまだうっすらなのでアイゼンがなくてもスムーズに登っていけますが、だんだんと雪が厚くなり、さらに登山道の傾斜も増していきます。

ということでいよいよアイゼンの出番!今シーズン最初の(そしてもしかしたら最後の…)アイゼンです。

雪山っぽくなってきました。

アイゼンを履いてまもなく、階段ラッシュが始まります。噂ではこの階段が30個くらいあると聞いていて、「さすがに数を盛ってるだろ」と疑心暗鬼でしたが、マジで30個くらいあったと思います。アイゼンは脱がなかったので、これがまた登りにくいこと。。。

階段ゾーンを超えると、八本歯のコルに出ます。ここからが稜線です!

ここまでなかなかハードな道のりでしたね。後半の傾斜は急で疲れました。

八本歯のコルに出ると、これまで隠れて見えなかった間ノ岳と、その先に続く稜線が目の前に現れます。ものすごい迫力!

進行方向、北岳山頂方面に目をやると… まだまだ登ります。

でもここからは視界が広くて開放的。

あと、稜線ということもあって雪が一気に減りました。このあたりはアイゼンがなくても問題ないレベルでした。

しばらく登り詰めると、北岳山頂に直接向かう道と山頂を巻いて北岳山荘や間ノ岳に向かうトラバース道との分岐点に差し掛かります。

今日の宿は北岳山荘ですが、もちろんここは北岳山頂を先に攻めます。

山頂に至る道には、ところどころ雪がしっかり残っている場所があるので、アイゼンがあったほうが安全です。加えて斜度があるので、下りにおいてはアイゼン必須レベル。荷物をデポして山頂アタックする人もアイゼンは持っていきましょう。

北岳登頂!

そしてついに念願の北岳登頂です!南アルプスという山域で初めての登頂です。

南アルプスに挑戦するのは2回目ですが、1回目は4月の聖岳で悔しくも敗退しています。

山頂までくると、少し人がいます。雪はやっぱり少ないですね。

北岳は南アルプス最高峰ということもあって、360度の大展望!

山頂が白い岩で覆われているこの山は甲斐駒ケ岳、いつか登ってみたいです。

仙丈ケ岳(この写真は山頂をちょっと下りたところからですw)

そして間ノ岳を始めとした南部に至る稜線。大迫力!

この写真の中央右に小さく見えている赤い屋根の建物が北岳山荘で、このあと向かいます。

少ないとはいえ、やはり斜面に雪がある以上、気をつけて下りていく必要があります。

アイゼンはしっかり刺さるので大丈夫。アイスバーンのようになっているところはありませんでした。午後だからというのもあるかもしれないけど。

北岳山頂から北岳山荘に向かう道は、最初の急な区間を除けばもう雪もなくなってアイゼンがいらなくなりました。でもたまに雪が現れるとこわいので、アイゼン履いたままガリガリ歩いてました。

この道が結構長くて、近いようで遠かった山荘についたころには、かなり日が傾いていました。受付を済ませると、小屋番の人がすごく気を遣ってくれて「夕日がもうすぐだから荷物そこに置いて見てきな!」と言ってくれました。ありがとう!!

それで荷物を置いてカメラだけ持って急いで小屋を飛び出して見えた夕日がこれ。最高。

夕日と反対側を見ると、北岳が紅く染まっていました。こっちから見ると北岳って丸っこいんだね。

そして日が沈み、静かな夜が訪れました。うっすら雪をまとった山肌が、澄んだ夜空に映えます。

山荘の玄関には飲み放題のお茶(お湯もある)があって、これが本当に身に沁みる。さすがに小屋内も寒いので、これであたたまっていました。

このあと小屋の夕食をいただいたわけですが、この日、小屋の宿泊者は20人いたかどうかでした。やっぱりこの時期までくると人も少ないか。

たしかこの週末が北岳山荘の営業シーズンラストでした。北岳山頂を挟んで反対側の北岳肩ノ小屋は、少し前に営業を終了しています。

あとそれにあわせて広河原と甲府を往復するバスもこの週末がラストでしたね。最後だからもっと混むかと思っていましたが、ぜんぜんそんなことはなく、ゆったりと山行を楽しめましたよ。

2日目、下山。

おはようございます。2日は日の出に合わせて小屋を出発。

間ノ岳にいくという手もありましたが、早い時間に下山したい思いが勝ってしまい、下山を選択。今思えば間ノ岳も行っておけばよかった。

富士山と同じ方向から登る日の出。今日もいい天気です。

昨日、北岳山頂へアタックしたときには使わなかったトラバース道を帰りは使います。

積雪が増えるとこの道はかなり難易度が上がるように思いますが、この日はまだぜんぜんで、普通に夏道と同等でした。

右を見るとこの光景!やっぱり朝は最高。山がひときわ神々しく見えます。

八本歯に到着したので、ここでアイゼンを装着します。

昨日登ってきた30連発の階段は、下りになるとけっこうこわい。かなり角度がついてます。

階段は木製なので、アイゼンの爪がひっかかってたまにマジで危ないときがあります。ここでコケたら下まで落ちる…

ふっさふさの雪を、登山道無視でガンガン下りていきます。感覚としては富士山の砂走りみたいな感じでした。砂走りとは違って砂が靴に入ってきたり、埃っぽくならないので気持ちいい!

これを味わうと、本格的な雪山に登りたくなりますねー。

だんだん雪がなくなってきますが、朝ということもあって、凍結している部分があります。

慎重に。

外界が近づいてくると、あたりは秋の景色。紅葉が絶賛見頃を迎えています。

そして下山は約3時間で、広河原まで戻ってきました。

2日とも素晴らしい天気に恵まれて本当によかったです。

前日に思い立った北岳登山ですが、思い切って実行してよかったです!

そして、この記事執筆時点で既にこの山行から3ヶ月のブランクが経過している…。

山の空気を忘れてしまう前に、早くどこかに登りにいきたいです。

当日の日程

■日付:
2016年11月5日(土)
2016年11月6日(日)

■行程:
~1日目~
7:00 甲府駅発 広河原行きバス ※甲府市内に前泊
9:10 ちょっと遅れて広河原着
9:20 広河原から登山開始
9:41 白根御池分岐点
11:12 大樺沢二俣
13:37 八本歯のコル
14:15 トラバース分岐
14:37 吊尾根分岐
15:00 北岳 山頂
15:25 下山開始
15:43 吊尾根分岐
16:30 北岳山荘
~2日目~
6:00 北岳山荘出発
7:00 八本歯のコル
9:15 広河原
10:20 甲府行バス発

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です