沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【3日目】

投稿者:

 

※この記事は、沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【2日目】の続きです!

各記事へのリンクは以下からどうぞ!
沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【1日目】
沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【2日目】
沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【3日目】(当記事)
沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【4日目】
沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【5日目】

 

 

沖縄本島徒歩縦断も3日目になりました。

今日はうるま市から名護市を目指します。距離は昨日とほとんど同じ30km。

 

天気は曇り時々雨。5日間の中で最も天気が悪い一日でした。

恩納の有名な観光地、万座毛の近くを通ったりもしましたが、天気が悪いと観光も捗らないので、寄り道はせずに移動に徹します。

 

沖縄縦断ルート内唯一の峠越え

DSC02530_R

本日はうるま市から金武町に入って少し進んだところで、恩納村の海沿いの道に出るために小さな峠を越えます。

峠といっても、本島に大したことない小さな峠ですが当然登り坂なので、かなりここで汗をかいて、コンディションがかなり下がります。

この時期の沖縄は朝だからといって涼しいということはまったくなく、9:00の時点で気温はすでに30℃近い。曇っていることもあってか湿度もとても高い。不快指数は最大だったと思います。

 

DSC02535_R

峠の上には恩納村斎場があります。

ということは、もう恩納村に入ったということですね。沖縄はカントリーサインが少ないのか、気付くと今いる自治体が変わっています。

 

恩納村斎場をピークに、ここからは下り坂になるので、多少ラクになります。

 

DSC02538_R

 

国道58号に入るまでは県道を歩きます。

 

DSC02546_R

 

国道に入ると道路も大幅に広くなり、歩きやすくなります。

今日のゴール、名護まで24km。

そして、沖縄本島最北端、辺戸岬まで74km!今日を入れてあと3日あるので、無理のない距離ですね。

 

初めての雨

DSC02556_R

 

そして、国道を歩いていると、今回の旅では初めての雨が降ってきました。

持っていた折り畳み傘をさして歩きますが、テンションは大きく下がります。

 

DSC02558_R

 

沖縄のすごいところが、雨も降っていてこんなに最悪な天気なのに、それでも海はキレイだったこと。砂浜も海の水も、鮮やかな色を失っていません。

海の青色は空の青色の反射の影響が大きいので、そこらの海では曇った途端に美しさを失ってしまいがちだと思います。

それなのに沖縄の海は、曇り空の下でも綺麗な青色を放っていました。

これには少し感動しましたね。

 

名護市に突入

DSC02572_R

 

国道58号をしばらく歩き進めると、ようやく名護市に突入。

今日はここまで休憩なしなので、けっこう疲れました。峠もありましたし。

 

幸い、名護に入ってすぐにかりゆしビーチの入り口があり、そこにはコンビニや売店といった施設も充実していたので、ここでしばらく足を休めることにしました。

 

DSC02573_R

売店で食べた三枚肉そばは最高においしかったです。

歩き疲れた体には嬉しいやさしい味でした。

 

ここでライフを大きく回復です。

雨が降った影響で湿度がいつまでも高く、汗が乾いてくれないので、非常に過ごしにくく、それによる体力の消耗も大きいです。

 

DSC02582_R

 

沖縄自動車道の終点を越えます。

那覇から延びる沖縄自動車道も、歩いて終点まで来てしまいました。

 

DSC02584_R

道の駅・許田。

ここを過ぎるといよいよ名護の市街が近づいてきます。

それにしても、このときの国道はものすごく渋滞していました。高速道路が途切れたのが原因なのでしょうか。いつもこの調子だと県民にとってはちょっとつらいですね。

 

DSC02591_R

名護の市街に突入し、東江という地域を歩き進めます。

ここが中心街ではないとはいえ、想像を絶する栄えてなさ。

人口は増えているはずなのに、どうしてここまで過去の街の雰囲気が漂っているのでしょうか…。

どんよりとした天気のせいだと思いたいです。

 

DSC02614_R

 

名護市役所。

本土では見ない雰囲気の建物なので、目を疑いました。

天気も相まって、まるで東南アジアの遺跡のようです。

 

…少々名護ディスりが過ぎました。ここは慌ただしさはなく、穏やかでいい町ですよ。

天気が良かったらもっといい町に思えると思います。

天気ってそれだけ土地の印象を変えちゃうんですよ。

 

DSC02597_R

そして、滑り込みで当日予約が取れた民宿に到着。

ここが取れなかったら、今日は野宿になっていたかもしれません。

 

DSC02599_R

 

まるで古民家のような民宿です。

一人で素泊まりする分には申し分ないですね。

ほかにも4部屋ほどあって、風呂やトイレは共同でした。

 

防音は皆無に等しいので、できるだけ物音を立てないように静かに過ごします。

しかし、自分がそう努めても、快適に過ごせるとは限りません。

夜21:00、いざ寝ようと布団に入った途端に隣の部屋に常識を身につけていない中国人親子がチェックインし、話し声も物音もわざとかというほど立てまくり、うるさくて結局彼らが静まるまで自分も寝ることができませんでした。時刻は23:00。最悪です…。

 

気を改めて…

さぁ、名護まで来れば残りはもう半分もありません。明日は国頭をめざします!

いざやんばるの地へ!↓

 

次の記事:沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【4日目】

 

沖縄本島徒歩縦断 3日目 詳細レポート

沖縄本島徒歩縦断マップ

■日付:
2015年9月21日(月)

■歩行距離:
本日:31km
累計:84km

■行程:
7:30 起床
8:15 出発
8:34 金武町 突入
9:30 恩納村 突入
12:45 名護市 突入
16:00 南海民宿 チェックイン
21:00 就寝を試みる
23:00 就寝

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です