• このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【2日目】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※この記事は、沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【1日目】の続きです!

各記事へのリンクは以下からどうぞ!
沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【1日目】
沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【2日目】(当記事)
沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【3日目】
沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【4日目】
沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【5日目】

さて、沖縄本島徒歩縦断2日目も元気にいきましょう!

ホテルで9時間以上寝たので身体のコンディションは万全の状態です。

この日の天気は晴れのち曇り。

ずっと晴れていると日差しで体力の消耗が激しいので、曇りもありがたいと思えました。

今日は那覇から30km先にある「うるま市」を目指します!

序盤は県道251号線(パイプライン通り)を進む

DSC02373_R

今日のスタート地点である那覇市から、浦添市、宜野湾市へと北上していく前半の区間は、ほとんど県道251号線、パイプライン通りを歩きました。

片側1車線の狭い通りですが、交通量は多く、活発です。

沖縄縦断の主役、国道58号線へ。

DSC02398_R

宜野湾市内で、国道58号線に合流します。

ここで合流した国道58号線こそ、今回の沖縄縦断の肝となり最後まで世話になることになるメインの道路となるわけです。

道標に書かれた「奥」という地名が、ゴール地点の辺戸岬を周り込んで数km進んだ先にある国頭村の文字通り奥地にある集落を指します。

「奥から110km」、それはつまりゴールまであと100km強あることを示していました。

1日で歩くのは到底無理ですが、5日間計画なので、のんびりいきましょう!

DSC02407_R

北谷町に入ります。

歩いていたパイプライン通りには浦添、宜野湾のカントリーサインがなかったので、久しぶりのカントリーサインです。

しかし、「北谷」と書いて「ちゃたん」と読むんですから、沖縄の地名は面白いですね。

北海道を歩いているときと似つつも別ベクトルの面白さがあります。

琉球とアイヌでは当然まったく違う文化を持っていたので、全く違う面白さがあるわけです。

DSC02414_R

北谷町内にある美浜地区にはアメリカンビレッジというシティリゾートがあります。

その名の通りアメリカの雰囲気を再現した町並みができていて、日本人よりもアメリカ人のほうがいるんじゃないかってくらいアメリカ人がいます。

それもそのはず、近くには米軍施設が山ほどありますからね。

DSC02421_R

そしてこのリゾート地には、サンセットビーチという綺麗なビーチがあります。

白い砂浜に、コバルトブルーの海!

そういえば沖縄に来て初めてビーチに来ました。

DSC02423_R

考えられないほど透明度が高い。ずっと見ていられる美しさでした。

暑かったのでそのまま泳ぎたくて仕方がありませんでしたね。

国道58号を逸れ、うるま市を目指す。

DSC02447_R

さて、美浜で休憩を兼ねた観光を楽しんだところで、再び歩みを進めます。

国道58号をマジメに歩き続けていると、今日のゴールである「うるま」を経由することなく通り過ぎてしまいますので、適当なところで道を逸れます。

DSC02449_R

県道を歩くこともありましたが、後半の大部分は国道329号線を歩きます。

雲も増えてきて、どんよりとした雰囲気になってきました。

上の写真にも写っていますが、沖縄はとにかく中古車屋が多い。隙あらば中古車屋があります。沖縄県民は中古車を買う人が多いそうです。本土から送られてくるのでしょうか?

DSC02457_R

道路案内標識にうるまの文字が見えてきました。写真は沖縄市内の知花地区です。

石川という地名は、現地の方以外には聞きなれない名前かもしれませんが、実はうるま市ができる前には石川市という立派な市だったんですね。

石川市、具志川市、勝連町、与那城町という合計4つの自治体が新設合併して誕生したのが現在のうるま市にあたります。

そのため、うるま市は沖縄本島の自治体の中でも独特の広がりを見せていて、うるま市役所も合併以前の自治体に合わせて複数の庁舎が存在しています。

ちなみに、市の中心部は旧具志川市の中心部にあたる位置にあります。

ですので、道路案内標識で「うるま市 7km」とあれば、それは具志川地域のことを指すかと思われます。これと区別して、同じうるま市内であっても具志川地域とは少し離れた位置にある石川地域は別に書かれているわけですね。

今日のゴールは、そんなうるま市の中でも「石川地域」です。

昨晩、那覇のホテルで必死にうるまのホテルを探し回り、ようやく見つけた宿が石川にあったので、電話で予約しました。

今日の宿に到着。

DSC02500_R

そのホテルがこちら。ホテル潮騒。

沖縄らしい外観を持った少し古いこのホテルは、老夫婦が営んでいました。

今日はここがゴール。時刻は17:30過ぎ。

休憩を含めてスタートから9時間。約33km歩きました。

荷物が重いので、30kmでもかなり足が疲れますね…。

DSC02503_R

不安要素が多いホテルでしたが、チェックインするとその不安は一気に消え去りました。もともと2人用の部屋みたいで、ベッドが2つ。

居心地は充分によかったです。

DSC02504_R

浴室の広さなんかは今までに泊まったホテルでも最大レベル。

ドライヤーがないこと以外は不満はありませんでした。

そしてこの日の夜。翌日の目標地点である名護市の宿を取ろうと、名護市内にあるホテルや民宿に片っ端から電話するも、軒並み満室状態。

ちょっと沖縄のホテル事情をナメていたようです。

さすがに1泊数万円するようなリゾートホテルに泊まるのは経済的にも厳しいので、それ以外のホテルを20箇所近く当たってもダメでした。

結局、当日歩きながらスマホの地図アプリを眺めていて見つけた民宿に電話すると奇跡的に予約を取ることができました。本当にギリギリ。

というわけで、翌日いってみましょう!

次の記事:沖縄本島を徒歩で縦断!5日間の記録【3日目】

沖縄本島徒歩縦断 2日目 詳細レポート

沖縄本島徒歩縦断マップ

■日付:
2015年9月20日(日)

■歩行距離:
本日:33km
累計:53km

■行程:
7:00 起床
8:30 出発
9:30 浦添市 突入
10:20 宜野湾市 突入
11:15 北谷町 突入
14:00 沖縄市 突入
16:20 うるま市 突入
17:40 ホテル潮騒 チェックイン
21:00 就寝

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です