• このエントリーをはてなブックマークに追加

【9/12予約開始!】iPhone6S発表!! iPhone6との違いを比較 & 新機能ピックアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iphone6s_top

日本時間の9月10日2:00ごろ、米アップルより新型のiPhone6S/6S Plusが発表されました!

iPhone 6S 発表時のキャッチフレーズは、

唯一変わったのは、そのすべて。

だそうです。Appleらしくぶっこんできましたねぇ!

なお、新型AppleTVやiPad Pro、Apple Watchの新色なども同時に発表されましたが、ここでは割愛。iPhoneにフォーカスしてご紹介していきます。

まずは、最新のiPhone6S/6S Plusとそれぞれの現行機種であるiPhone6/6 Plusの基本スペックを表で比較してみます。

iPhone 6 と iPhone 6S を比較

iPhone 6
iphone6
iPhone 6S
iphone6s
本体サイズ 138.1 x 67.0 x 6.9 mm 138.3 x 67.1 x 7.1 mm
本体重量 129g 143g
ディスプレイサイズ 4.7inch (1334 x 750) 4.7inch (1334 x 750)
解像度 326ppi 326ppi
プロセッサ A8チップ A9チップ
RAM 1GB 不明
内部ストレージ 16GB/64GB/128GB 16GB/64GB/128GB
メインカメラ 800万画素 1200万画素
インカメラ 120万画素 500万画素
ビデオ撮影 1,080p (フルHD) 4K
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.2
バッテリー容量 1,810mAh 不明
防水 × ×
カラーバリエーション シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ローズゴールド

公式サイトを見ると、iPhone6のゴールドがなくなっていますが、発売時点では3色でした。

iPhone6Sではこれに加えて新たにローズゴールドというピンク色の新色が登場。

ディスプレイサイズや解像度は維持ですが、カメラの性能が大きく向上しています。

また、iPhoneでは初の4K動画撮影にも対応しているようです。

バッテリー容量についてはAppleは毎度のことながら公表しておらず、いつも発売後にユーザーに分解されて初めて発覚しますね。

本体サイズはほとんど変わらないにも関わらず本体重量が14g増加しているのは、はたしてどの部分の影響なのでしょうか。

iPhone 6 Plus と iPhone 6S Plus を比較

iPhone 6 Plus
iphone6plus
iPhone 6S Plus
iphone6splus
本体サイズ 158.1 x 77.8 x 7.1 mm 158.2 x 77.9 x 7.3 mm
本体重量 172g 192g
ディスプレイサイズ 5.5inch (1920 x 1080) 5.5inch (1920 x 1080)
解像度 401ppi 401ppi
プロセッサ A8チップ A9チップ
RAM 1GB 不明
内部ストレージ 16GB/64GB/128GB 16GB/64GB/128GB
メインカメラ 800万画素 1200万画素
インカメラ 120万画素 500万画素
ビデオ撮影 1,080p (フルHD) 4K
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.2
バッテリー容量 2,915mAh 不明
防水 × ×
カラーバリエーション シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ローズゴールド

iPhone 6S Plusについても、現行機種との変化はiPhone 6Sと似たようなものとなっています。

こちらは本体容量が20g増加。

目立った新機能

さて、簡単に基本スペックを表でおさらいしたところで、iPhone 6Sで新たに搭載される新機能の中でも僕が気になったものをいくつか紹介します。

3D Touch

iPhone-6s-and-6s-Plus-new-3D-Touch-tech

3D Toushはタップの強弱を判定して動作を分ける機能です。

ホーム画面のアイコンを軽くタップすることでメニューを呼び出し、特定の操作を行うことができます。

たとえば、メールアプリを使うとき、従来はアイコンをタップしてアプリを開いてからメールを確認し、ホームボタンでホームに戻るという動作でした。

しかし、3D Touchを搭載したiPhone 6Sであれば、アイコンを軽くタップしてメールをプレビューすることができ、指を離すと元に戻る(ホーム画面に戻る)といった動作になるので、一連の動作のステップと時間をかなり短縮することができます。

この機能はアプリごとにさまざまな機能が割り当てられているので、いろいろ使ってみたいですね!

また、デベロッパーの方々にとっても、これは新しいユーザー体験を生み出す機会が広がったことになります。

より高解像度になったカメラ

iPhone-camera-640x361

iPhone 6では800万画素だったメインカメラは、1.5倍の1200万画素に。

iPhone 6では120万画素だったインカメラは、なんと4倍以上の500万画素に。

さらに、ビデオ撮影は4Kにも対応。

これまでよりもより繊細に写してくれることでしょう。

Live Photo

livephoto2

カメラがすごいのは高画質化だけではありません。

新たな静止画の撮影機能として、『Live Photo』というものが登場。

この機能を使って写真を撮影することで、撮影時の瞬間が短い映像として記録されるのです。

アルバムで写真を閲覧しているときに、Live Photoで撮影した画像を押し込むと再生されるようになっています。

この画像は静止画として通常通りメールで送信したりすることもできるそうで、楽しみの幅が広がりますね。

AndroidからiOSへのデータ移行がカンタンに!

android-ios-transfer

iPhoneへの移行を考えているAndroidユーザーに朗報です!

AndroidからiPhoneに変えようと思ったとき、誰もがネックに感じるであろうデータ移行。

これをサポートしてくれる機能が標準で搭載されるようです。

これでAndroidユーザーがiPhoneに変える敷居がかなり低くなったのではないでしょうか。

以上、自分が気になった新機能の紹介でした。

このほか、LTEが強化されていたり、Touch IDの指紋認証が高速化されていたりと、細かいところで嬉しいパワーアップがなされています。

販売価格

iphone6s_price

販売価格は以下のようになっています。

米国価格は、発表字のiPhone 6/6 Plusと同じですね。

日本でのSIMフリー版の価格も発表されましたが、各キャリア(Softbank、docomo、au)ごとの価格はまだわかりません。

~米国価格~
iPhone 6S (16GB):199ドル
iPhone 6S (64GB):299ドル
iPhone 6S (128GB):399ドル

iPhone 6S Plus (16GB):299ドル
iPhone 6S Plus (64GB):399ドル
iPhone 6S Plus (128GB):499ドル

~日本SIMフリー版価格~
iPhone 6S (16GB):86,800円
iPhone 6S (64GB):98,800円
iPhone 6S (128GB):118,000円

iPhone 6S Plus (16GB):98,800円
iPhone 6S Plus (64GB):118,000円
iPhone 6S Plus (128GB):122,800円

発売日は9月25日。予約は9月12日16:01から

iphone6s_available

iPhone 6S/6S Plusはともに9月25日発売。

日本では9月12日の16:01から日本アップルの公式サイトで予約することができます。

新しいiPhoneをずっと待っていた方も、これからiPhoneを使ってみたい方も、この機会にぜひ!

↓ Softbankならこちらから予約できるようになります!予約を忘れて程に入らなかったなんてのは嫌なので、要チェックですね。

以上、iPhone 6S/6S Plusのまとめでした!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です