• このエントリーをはてなブックマークに追加

SONY DSC-RX100M3を買ったぞ!【購入レビュー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買いました!RX100M3!

今月末に次世代機のRX100M4が発売されることは分かっていたのですが、
高速シャッターと4K動画がついて価格が2倍近くなるので、自分としてはこちらで十分だという結論に至りました。

これ、コンデジなので当然といえば当然ですが、かなりコンパクトでいいですね。
それでいて、信頼感のある適度な重量。ちゃんと中に詰まってんな!って感じです。

私が一眼レフではなくコンデジを選んだ理由はやはりこのコンパクトさですね。
一眼レフを使っていたこともあるのですが、あまりのわずらわしさから結局スマホのカメラに戻ってしまう。

これならスマホと同じような感覚で使えるのでいいですね。
しかもWi-FiやNFCに対応しているので、このカメラで撮った写真をスマホにその場で転送するなんてこともラクラクできます。

DSC_1386_Rコンデジなので箱もコンパクト。

DSC_1390_R本体と一緒にコレも買いました。

シール式のグリップです。
内側のカーブしている部分を、本体のレンズのカーブにピッタリ合わせることで、ジャストフィットします。RX100M2などの旧機種だとここがちょっと違うみたいです。たしかその説明書が入っていました。

DSC_1404_R充電用のUSBケーブルとアダプタです。

これを本体側面のキャップを外したところにあるコネクタに挿し込んで充電します。

DSC_1405_R見にくいですが、充電中は本体天面のON/OFFボタンがオレンジ色に光ります。

ただこの充電方法、正直わずらわしいと感じる人は少なくないはず。
そこで、このようなものを買いました。DSC00033

DSC00036 バッテリーチャージャーです。

これにバッテリーをセットして、直接コンセントにつなげばいいので、よくある感じで充電できます。

ちなみにこのチャージャーはバッテリーも付属しているので、予備バッテリーも欲しいという方には一石二鳥です!

F1.8はすごい!

ではその実力はどんなものなのか、実際に撮影してみました。

まずF1.8という明るいレンズ。これにより一眼レフに見劣りしないほどの被写界深度を実現した接写ができます。

LRG_DSC00002若干ピンボケしましたが、こんな感じです。単三電池の中央あたりにピントが合い、左右端は既にボケていることが分かります。

11745963_1039139556104011_4584191125353810461_n花も美しく撮れます。

オススメはRAW+JPEG!

保存画質がいろいろ選べるのですが、これはRAWをオススメします。メモリーカードに余裕があればRAW+JPEGがオススメです。RAW+JPEGにすることで、1回の撮影で2ファイル保存することになりますが、これは単にバックアップ的な理由です。

RAWにすることで、現像時に色々編集することができます。JPEG形式の画像も画像編集ソフトで編集できますが、RAWのほうが圧倒的に編集の幅が広く、細かい部分にも手を加えることができるので、妥協しない仕上がりにすることができます。

代表的なRAW現像ソフトにAdobeのLightroomがありあすが、SONYからもImage Data Converterというソフトが提供されています。

しかしこのImage Data Converter、正直言ってかなり重いです。なので、私はLightroomを使うことにしました。

ここで、実際に撮った写真をJPEGとRAW現像したJPEGを比較してみます。

家の窓からきれいな夕焼けが見えたので、それを対象にしました。

JPEG

DSC00484_RまずはJPEGで保存した場合です。実際目でみるとかなりオレンジ色に染まってきれいだった夕焼けが、
かなり微妙な感じになっています。

RAW現像

DSC00484raw_RそしてRAW現像したものがこちら。
かなり目で見たものと近くなりました。こうして比べてみると圧倒的ですね。

RAW現像は手間がかかる作業になりますが、ここまでキレイにできるのであればそんな手間を惜しむまでもないですね。

NDフィルタ内臓!

NDフィルタとは、長時間露光撮影などの際に光の入りすぎを抑えるような機能をもったフィルターのことです。

具体的には、道路で人やクルマが消えるように撮影するケースや、滑らかに流れる滝を再現したいときに使ったりします。

通常、フィルタといえばカメラのレンズに実際に装着して使うもののことをいいますが、このカメラにはNDフィルタが内臓されているのです。それって聞いただけでなんか便利!

というわけで、早速このカメラでNDフィルタを使って滝を撮影してみました。

11705621_1039139726103994_1752310439771657752_o奥多摩にある双竜の滝です。NDフィルタを効かせて6秒露光しました。
滝の流れがいい感じに再現されて、自分でも感動しました!

これは積極的に活用していきたいですね!かなり雰囲気変わります。

あと、NDフィルタは単純なオンオフだけでなくオートにもできるので、自分はオートにしていますが、
これが実際どれほどの精度で効いてくるのかは分かりません。少なくとも私が自分で状況を判断するよりはカメラに任せたほうが賢明だろうということでオートにしています。笑

買ってよかったことまとめ

というわけで、このカメラを買ってよかったと思うことをまとめます。

1.この性能でこのコンパクトさ

2.NFC転送が手軽で便利

3.F1.8で一眼レフに見劣りしない被写界深度を実現

4.RAW現像で再現度激アゲ

5.NDフィルタがすごい

主にこんなところでしょうか。
このレビューでは挙げませんでしたが、EVF(電子ビューファインダー)を搭載していたり、他にも目玉機能はたくさんあります!そこは他のブロガーの方々が記事にしまくってくれているので、あくまで私個人の感じたことをご紹介しました!

これから投稿していく記事に使う写真は、このカメラを使ったものが多くなってくるかと思いますので、
実際の写真をもっといろいろ見てみたい方はぜひ他の記事も読んでいってくださいませ!

↓この記事で紹介した商品の購入はこちらからどうぞ!

メモリーカードの同時購入もおすすめします。

ではまた!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です