平標山 ~ 仙ノ倉山で登山デビュー【日帰り登山】

投稿者:

前置き

2015年7月11日、ついに登山デビュー!

デビュー山は、新潟県と群馬県に跨る谷川連峰の山、平標山仙ノ倉山
この山でデビューすることにした決め手は主に以下の3つ。

・都心からのアクセスがいい(公共交通機関のみを利用して家から登山口まで片道3時間程度)
・開放的な稜線歩きが楽しめる
・山の難易度が低い(技術面・体力面ともに)

2番目が大きいです。インターネットで始めて平標山~仙ノ倉山の写真を見たときは感動しました。

ここから本題

朝は早いです。都内の自宅から新潟県まで行くので、始発レベルの電車に乗る必要があります。

DSC_1274_R大宮駅にて。7:02のMaxたにがわに乗ります。6:34くらいの新幹線は、切符購入列に並んでいるうちに行かれました。

2階建ての新幹線、初めて乗ったんですけど、2階席って後ろに倒せないんですね。
なかなかキツい1時間でした。それでも鈍行に比べたら幾分もマシ!

DSC_1276_R越後湯沢駅到着!西口を出るとすぐバス停があるのでわかります。ほかの登山客も20人くらい並んでました。

バスで35分ほど揺られると、平標山の駐車場前に着きます。

DSC_1278_R

 

登山道は2パターン。松手山経由のルートで登り、平元新道ルートで下りてくることにします。

登山開始

というわけで、9:00過ぎに登山開始!ワクワク!

DSC_1281_R

序盤は森の中をそれなりに整備された登山道に沿って進みます。傾度はそこまでキツくないです。

DSC_1282_R

 

まずは最初のチェックポイント、鉄塔を目指します。遠くない?!
標準タイムはあそこまで1時間くらいだった気がします。

しばらく単調な登りが続きますが、40分くらいで鉄塔に到着!

DSC_1285_R

近くに行くと思った以上にデカい!ここで何人か休憩してました。

自分も10分ほど休憩して、体力はまだまだあったので再び登り始めます。

DSC_1299_R

少し登ると視界が開けてきます。こうなったらもうこっちの
もん!ここから楽しいです!ただ、虫がめっちゃ増えます。
トンボはいいんですが、ハエとハチが…。虫が苦手なのでそれだけが苦痛でした。景色は最高なんですけどね。

DSC_1303_R

松手山に着きます。ここは登山道の通過点といった感じで、特にピークになっている感じはせず、ひとつの目印程度の存在感です。

 

DSC_1306_R

登りはじめて1時間弱。早くも稜線歩きを楽しめます。これが平標山の魅力といっていいでしょうね!

このあと歩く道がよく見えます。遠くの方で一気に勾配が上がってますね。あそこはキツそう…

この時点で標高1600m強だったおかげか、暑さはそこまで気になるほどじゃありませんでした。風があったからかな?

DSC_1316_R

さっき見えていた急こう配の道はひたすら木の階段が続いていました。ここは一気に登るとけっこう疲れます。
時々うしろを振り返ると、今まできた道がずっと見えるので気持ちイイです。

このへんで靴擦れに気付きます。両足のカカトです。絆創膏やテーピングを準備してなかった。これはミス。
ちょっと痛いけど、死ぬほどでもないので気にしないで登り続けます。

登頂

DSC_1323_R

 

DSC_1326_R

そして登頂!平標山1983m!始めての登頂うれしいですね!

景色もすばらしいです。

DSC_1332_R

詳しくないので、見えているあらゆる山の名前が分かりません。色々登って詳しくなりたいところです。

山頂はそれなりの賑わいをみせていました。

自分も座ってコンビニで買ってきたおにぎりを食べて休憩。

しかしまだゴールではありません。ここからさらに稜線を歩いたところにある仙ノ倉山を目指します。

DSC_1331_R

記事トップの画像にもなっていますが、どうですかこの景色。最高すぎないですか。思わずニヤけてしまいましたよ。

遠くに見える4つくらいのピークの左から2番目が仙ノ倉山です。あそこを目指します。けっこう遠い!

DSC_1345_R

ちょっと険しい山肌があらわに。この景色はテンション上がりました!谷川岳がある方向が近いっぽいです。

DSC_1349_R

そして仙ノ倉山(2026m)登頂!平標山からは40分くらいでした。

こっちは平標山ほどではありませんでしたが、それなりに山頂は賑わっていました。標高2000m、いい響きですね!笑

下山

ここからは来た道を戻ります。

平標山の山頂で分岐。

平標山の家経由して平元新道ルートで下ります。

DSC_1368_R

遠くに見える赤い屋根の建物が平標山の家。けっこう遠くに見えるんですが、下りなのでぐんぐん近づきます。

DSC_1369_R

あっという間に到着。冷たい水がおいしかったです。

ここからもガンガン下っていきます。ここからは植物の背丈も上がってきて、見晴らしは悪くなります。
DSC_1372_R登山口に着きました。後ろを振り返って撮影。

DSC_1373_R

ここから平坦な道になるので、駐車場が近い感がすごいんですが、ここから長いです。けっこう長い。

ここから1時間くらいは歩いたでしょうか。やっと駐車場に戻りました。

DSC_1378_R

バス停でスタンバイ。

DSC_1376_R

15:49のバスを待ちます。事前にネットで調べたのだと15:50だったような・・・?
これを逃すと次が17:16なのでかなりしばらく放置されますね。笑
バスの時間を事前に調べて山行計画を立てたほうがよさそうです。言うまでもなく当然か。

といった感じで、僕の登山debutは幕を閉じました。最高ですね!山!

 

これから山行の細かいタイムスタンプや学びなどを記事の最後に書いていくことにします。
これはこれからの自分のためにも役に立つ!はず!

登山レポート詳細

■日付:
2015年7月11日(土)
■行程:
7:02 大宮駅発(Maxたにがわ401号 越後湯沢行)
8:06 越後湯沢着
8:20 南越後観光バス発(苗場プリンスホテル行)
8:55 平標登山口BS着
9:05 平標山登山開始(松手山経由ルート)
9:45 鉄塔通過(休憩10分)
10:20 松手山通過
11:20 平標山頂(休憩20分)
12:20 仙ノ倉山頂(休憩15分)
13:15 平標山頂、下山開始
13:45 平標山の家通過
15:08 駐車場に帰還
15:49 南越後観光バス発(越後湯沢駅前行)
■消費水分:
・スポーツドリンク:1800ml
・水:200mlくらい
■学び
・水分は思った以上に消費する。多めに持っていくに越したことはない。
・ストックがあるとかなり頼もしくなりそう。
・靴擦れ対策に絆創膏やテーピングの用意が必須。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です